医師が将来のキャリアを考えて転職を考える時

医師なら一度は考えたことがある、「キャリア」について。
自分自身の医師人生のキャリアについて考えたときに、何を思いますか?

”今の環境ではキャリアアップ・キャリアパスが見えない”
こんなことをふと考える方もいらっしゃるでしょう。

ただし、その後全員が新たに動き始めるというわけではありません。
結局現状のまま何も変わらないことを選ぶ医師もいます。

その一方で、自分のキャリアをより上げるために転職する医師が非常に多いという事実を情報として知る必要があると思い、記事にしました。
専門医としてより経験を積めるのは今の環境ではない、将来に備えてより有利な資格を取りたい、このように考える医師ほど転職という道を選ぶ傾向にあるということも事実です。

もちろん、何が正解ということはない世界。
ひとつ言えることは、「今の環境で思い描いている医師生活を送ることができるか」ということにスポットを当てる必要があるのではないだろうか、ということです。
転職には時間、労力、勇気、他にもたくさんのことが必要ですが、”なりたい先生”に少しでも近づくための努力も重要と言えるでしょう。

転職=悪ではないですから、あくまでもキャリアに焦点を当ててみることをおすすめします。

医師が医局から医局外病院への転職を考える時

私は、現役医師として某医局で働いています。
ですが、正直なところこのままここで働き続けることは難しいと感じ、その後について考える現在。
理由としては、
「医局人事や医局の人間関係という宿命から逃れたい」
というのが一番です。
同じように医局で働いている方はご存知だと思いますが、本当に人間関係が複雑で面倒なもの。
そう、こんな考えを持っている医師はあなただけではなく、私だけでもなく、世の中にたくさんいます。

医局を退局し、転職したいという他の医師はどのようなときに転職したいと感じるのか。
それは人により異なるものですが、一例をあげると、
・教授というポストに魅力を感じなくなった
・より患者との立場を近づけたい
・臨床を数多くこなして医師としてスキルアップを目指したい
というものがあります。

ただし、唐突に「今日で辞めることにしました」と伝えるのはタブー。
医局は特殊な環境であるからこそ、辞め方に特に気を配らなければなりません。
一番気を付けたいのは”退局理由”で、その次に”伝える時期”であると言われています。
前者はあくまでも「個人的な理由」ということを押し通し(人間関係などには触れないこと)、後者については最低でも一年は見ておくと良いでしょう。