人間関係

医師が人間関係で転職を考える時

人間関係が転職のキッカケ

「転職の理由は人間関係が上手くいかないから」
このように答える方が非常に多いと思います。
この辛い理由は、医師に限ったことではないでしょう。
どの職場でも上司や部下、同期などさまざまな人間がいますから、自分にとって合う合わないというのはどうしても発生してしまうもの。
うまく順応できる人たちばかりではありません。
それに、仮にあなたが考えを改めても相手が同じように歩み寄ってくれなければ解決もできないのです。
そして、「たかが人間関係ごときで転職を考えるなんて」なんて言う人は、よほど職場に恵まれているか精神的に強い人、もしくは能天気な人ぐらいでしょう。
人間関係がうまくいかなかったことがキッカケの転職は、私は胸を張っていいと思います。
人事を自由に決められる立場ではないのでそのような問題が起こっても不思議ではありませんので、ご安心ください。

重要なことは、人間関係がうまくいかずに転職をする方にとって、次の転職先では同じようにならないようにしなければなりません。
そのためのアドバイスとして、「職場の年齢構成」を確認することをおすすめします。
幅広い年齢層の人が働いているかどうかが重要です。
若い人たちばかり、ある程度年齢が上の人たちばかりというのは意見が偏りがちで派閥ができやすい傾向にあると言います。

年が近い人だけでなく、離れている人もいるからこそさまざまな世代の意見に触れることができ(問題が起こっても世代を問わず色々なアドバイスをもらえる)、ストレスなく自分らしく働ける環境ができていくのではないでしょうか。